毎日野球コラム - 野球コラムサイト -

FA制度の盲点 あおり運転18年実刑 今週のトピックス

FAルールの不備

巨人はプロテクトしていなかった、かつてのエース内海が人的補償となった。

一方、一時は自由契約にした、かつてのエース上原と再契約した。

上原は、元々再契約が約束された自由契約では?ということもささやかれている。

 

支配下の選手でプロテクトされていない選手は人的補償での移籍を断ることができない。

断れば、所属球団でも野球ができなくなる。

一方、自由契約はどこにも属さないフリーだから、他球団が入団を乞うても、断ることは自由だ。

なんせ、フリーだから。職業選択の自由だ。

そしてFAがひと段落したら再契約すれば、実質上のプロテクトが完成する。

FA制度の盲点をついたウルトラCという見方ができるわけだ。

 

ただ、上原をそこまでして拘束したい選手とは思えないから、腑には落ちない。

とは言え、再契約の意図もよくわからない。

将来の幹部候補として囲い込んでおきたいということなのだろうか。

何にしてもFAルールの不備は明らかになった。

 

東名あおり事故 懲役18年判決

被告側は判決を不服として控訴すると言う。

それだけを聞くと被告にはそこまでの罪はないからもっと減刑してくれと訴えているように聞こえる。

控訴の理由は

「被告の妨害運転と死傷事故との間の因果関係を認めてしまっているところを問題と考え、職責として控訴した。本人は反省していないわけではない」

つまり、法に専門家としてこの罪状と量刑が不当と捉え、

責任として控訴に必要ありと判断したということなのだろう。

 

事故という表現は、いわゆる違和感を覚える。

交通事故では断じてないだろう。交通事故は双方不可抗力だった場合に起きたものを言うのだろう。

だから普段から数多ある交通事故と言われているものも、交通事故であるものは少ない。

ほぼ、交通ルールを違反しての物損や殺人だから。

硬い鉄くずで、スピード出して、その性能は機械に委ねる。

こんな危険をルール無視で行えば、ナイフを振り回しているのと変わらない、いやもっと危険だ。

事故ではない。

 

福島の時も原発事故という言い方をするが、

事故というと、いかにも不運だった。仕方がない。それこそ、想定外という印象を持たされる。

 

たとえば隕石が落ちてきて国家が、地球が、破滅したらこれは仕方がない。

人間の力ではどうしようもないから。

地殻変動で地震、火山噴火が起きて地球が破滅するならそれは仕方がない。

でも、原発はそれがそこになければ何も起こらなかった。

交通事故についても人為におけるものだ。

地震で家がつぶれて亡くなったら事故とは言わないじゃん。

野球情報メールマガジン

https://twitter.com/yakyucolumn

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

傑作コラム

TOP