毎日野球コラム - 野球コラムサイト -

クロスファイアは左ピッチャーのもの?

昨日からのつづきでクロスファイアについて。

クロスファイアはホームベースを斜めに通り、あるいはベースの一角を触れる

ような投球を言うと思われる。

ただし、クロスファイアと言うと、

左ピッチャーにのみ使われるような気がする。


ボールの性質や内容としては右も左も関係内容の思うのだが、

左ピッチャーにのみ使われる。


これはテレビのカメラの角度のために、そうなったのではないか。

野球中継でセンター方向からピッチャーとバッターを映そうと思うと、

真正面からだとピッチャーの体でホームベースが見えなくなる。

すると、ピッチャーの投球が隠れてしまい、どこへ投げたのか、何を投げたのかが

わからない。

そこで真正面からややレフト方向にズレて映すことが、一般的だ。

というより、全ての放送でこの方法をとっている。


すると、左ピッチャーの投じる球筋はかなり横に角度があるように見える。

ピッチャープレートとホームベースは直線で結ばれており、右ピッチャーも

左ピッチャーもその角度は同じだ。


だが、この映し方のせいで左ピッチャーには角度があるように見える。

そこでクロスファイアは左ピッチャーのものとなったのではないか。
野球情報メールマガジン
https://twitter.com/yakyucolumn

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

傑作コラム

TOP