毎日野球コラム - 野球コラムサイト -

「 プレー、ゲーム解説 奴はゲームを支配している。 」記事一覧

左バッターが多い日本は左ピッチャー攻略が容易でない 日本VS韓国

両者、次ステージへの進出が決まっている。 ただ、勝負はどうでもいいという気はない。 次戦に向けての情報を仕入れるという目的がありながら、プライドに賭けて勝負にも勝ちたい。 やっと野球の試合が見られることとなった。 &nb […] 続きを読む

甲子園あとがき 野球なんてなくても死にはしない 

同じ高校生として同じ目標に同じ時間を共有した者同士が別れを告げられる寂しさ。 自分より実力が劣る選手であっても一緒に濃い時間を過ごした仲間との別れはとても寂しい。 金足農は、全員が秋田出身の選手で、中学もチームメイトだっ […] 続きを読む

2度目の春夏連覇は真のチャンピオンらしい戦い おめでとう大阪桐蔭

初回、立ち上がりが最も大事になる決勝戦。 初回に大阪桐蔭が先制すれば、ワンサイドもあり得るところで、 吉田は、いきなり1,2番を出して、1,3塁としてしまった。特に先頭を歩かせたのは痛い。 ここから速い球を軸に、勝負所と […] 続きを読む

金足農VS日大三高 済美VS大阪桐蔭 ベスト4はどんな戦いになる?

金足農-日大三高 体格がよく、下半身を使うピッチングをするので、力を込めなくともイキのいい球を投げられる吉田。 連投を意識して、ここ2戦は力を抜いた投球をしている。 それでもギアを入れたときの球は速く、力がある。 &nb […] 続きを読む

2度目の春夏連覇へ視界良好 大阪桐蔭が充実 大阪桐蔭-浦和学院

根尾のホームランで動き出したこの試合。あの打ち方で左中間に入るか。 うまい体重移動で球に力を加えたことと、根尾の身体能力の高さが飛距離を生み出したように見える。   3回の大阪桐蔭の追加点は、満塁から藤原のどん […] 続きを読む

高校野球に捨てるところなし。ベスト8の戦いはおもしろい。 

事実上の決勝戦、大阪桐蔭-浦和学院。 ここで当たってしまうのが惜しいとの見方もあるが、 元気なうちにがっぷり四つでぶつかった方がいい。 共に投手陣が豊富なので連戦でも疲弊しないが、3試合をこなして状態が上向いている大阪桐 […] 続きを読む
1 / 1612345...10...最後 »

傑作コラム

TOP