毎日野球コラム - 野球コラムサイト -

「 球界鵜の目鷹の目 断固たる決意  」記事一覧

ランナーの基本の動き 高校生ドラフト組を追い越すか 大卒ドラフト 早川 佐藤 牧 校歌は勝者への敬意 今週のダイジェスト

2021-4-12 目を切って喜んでいる場合ではない、ホームに還るのが仕事 ランナーの基本の動きⅡ WBCでオランダの選手がヒットを放ち、ランナーを溜める働きをしたものの、外野からの返球がキャッチャーへ戻り、キャッチャー […] 続きを読む

国際戦ナンセンスルール トレードは当たり前でFAは裏切り 大城は沖縄から東海大相模 ランナーの基本 今週のダイジェスト

2021-4-5 国際戦におけるナンセンスルール 野球の試合で必要な点差をつけなければ勝ち残れないとなると心理戦や間合いを醍醐味とする野球にとって試合自体が大味になり本来の野球というスポーツとかけ離れたものになってしまう […] 続きを読む

野球選手は太りがち リクエスト制度があることからプレーは止めない判断をする審判 今週のダイジェスト

2021-3-29 野球選手は引退後、太りがち 大きくしてきた身体を絞るのは労力がいる。それまで、スポーツ選手として身体をいじめてきたので、引退したことで、もうそこからやっと解放された楽を充実させようと、目一杯、怠惰にな […] 続きを読む

高校野球の目的 令和初のセンバツ 超高校級エースで敗ける高校野球 野球の試合時間は長くなるもの 今週のダイジェスト

2021-3-22 高校野球は技術の向上も勝負の行方も目的としていない センバツがはじまっている。ここまでの数試合ですでに、え?と声が出てしまう判定が見られる。いつまでも変わらず辟易させられるのがボール球をストライクとコ […] 続きを読む

クオリティスタート、ローテーションがなくなる ケンカを収めるためベンチから飛び出す選手 感染判明者増加はリバウンド 今週のダイジェスト

2021-3-15 クオリティスタート、ローテーションがなくなる日 打線だってレギュラーなどというより、相手ピッチャーに合わせて代打が頻繁になっていく可能性がある。レギュラーで左の3割打者が左ピッチャーに対するより、控え […] 続きを読む

右打者不利の理不尽 内野手は右利き ぜいたくな野球観戦ボールボーイ 勝負所 今週のダイジェスト

2021-3-8 野球最大の理不尽である右打者不利 1塁への距離が左打者の方が近い上、一歩も踏み出しやすいとなれば、左打者と右打者では1塁到達のタイムの差は大きくなることが自明となる。これを理不尽と言わずして何と言う。だ […] 続きを読む

超一流のサクセスストーリー 野球選手は控えで億り人 たかが野球だけど 今週のダイジェスト

2021-3-1 こんな選手がプロになるなんて それもプロの中でも超一流になるなんて サクセスストーリー 近鉄の顔であったにもかかわらず、複数年契約を拒否されるという処遇は今ではあり得ないだろう。NO1ピッチャーの方から […] 続きを読む

桑田甲子園20勝 無邪気な野球理論 横で捕れ ワンハンドキャッチしろ 今週のダイジェスト

2021-2-15 やった人が必ず成果を出すとは限らないが、成果を出した人は必ずやったⅢ 良い方向の思考で練習を重ねた人はいい成果が出たのだろう。または、望む成果を出すために必要なことに気づいて邁進した結果だろう。それで […] 続きを読む

勝負の世界では同じ実力なら若い方を使う 桑田コーチ 73番 やった人が必ず成果を出すとは限らない 今週のダイジェスト

2021-2-8 目標によってチーム作りは変わる 勝負の世界では同じ実力なら若い方を使うⅢ しかし、これもチームの方針だったのだろう。先発した左ピッチャーから、この10番のピッチャー、そしてエースナンバーのピッチャーを駆 […] 続きを読む

命を削って取り組む選手の舞台オリンピック 高校時代は控えのプロ 野手転向の選手たち 今週のダイジェスト

2021-2-1 命を削って取り組む選手の舞台を取り上げるのは簡単でない センバツ、オリンピック センバツは開催される。昨年の今の時期と今で病気の威力は変わらないか増している風の印象があるが、実際に夏は開催し、プロ野球も […] 続きを読む
1 / 3412345...102030...最後 »

傑作コラム

TOP