毎日野球コラム - 野球コラムサイト -

「 球界鵜の目鷹の目 断固たる決意  」記事一覧

黒田の引き際 タイブレーク制度 ショートストップが日本人の理由 ドラフト制度 今週のダイジェスト

2019-10-14 黒田の見事な一流の引き際Ⅳ 動く球に対応しようとヘンテコな打ち方になってしまった松井は失敗だった。松井の海外での実績は、松井の実力を発揮した結果ではない。松井はあんなものじゃなかった。自分より速い真 […] 続きを読む

イチローとパンチ タイブレーク制度 平成の最初と最後は東邦 外国人キャッチャー 国民栄誉賞 今週のダイジェスト

2019-9-30 イチローとパンチ パンチはそれまでもパンチ佐藤として名が知られていた。イチローは、実績がないので鈴木と言われても誰それ?イチロー?という感じだった。当初はパンチが目立ち、パンチのバーターみたいな受け取 […] 続きを読む

イチローが危惧した野球の行方 タイブレーク制度 球数制限 慎之助引退 今週のダイジェスト

2019-9-23 イチローが危惧した野球の行方 体があったればこそ、体力があるからこそ、スイングスピードが向上し、難しい球も打てるようになったり、飛距離を出すことができたり、速い球が投げられたり、遠くに投げられたりする […] 続きを読む

機会が少ないだけ 指導要綱 タイブレークで気づいたこと 死なないためにいるランナー 今週のダイジェスト

2019-9-16 ストイックなマラソンランナーと寝不足、暴飲暴食の野球選手 トップランナーが記録を縮めることは難しい。つまり、実力を急に伸ばすことは難しいと言うこと。市民ランナーや成長過程の選手なら、覚醒する時があるが […] 続きを読む

101回履正社VS星稜 大阪は桑田清原のPL85年以来、決勝負けなし ランナーにとどめを刺す 今週のダイジェスト

2019-8-20 大型チーム同士の決勝に決まった101回 履正社と星稜 中京-星稜  序盤から着実に加点していく星稜。中京は早々にピッチャーを代えてきた。その方がいい。エース左腕は球威がないので長いイニングを抑えるのは […] 続きを読む

プロ養成機関 佐々木だから大事 石見智翠館とPL 野球は投手戦 沖縄尚学の悔い 今週のダイジェスト

2019-8-5 高校野球はプロ養成機関じゃないから 日程に余裕をもたすことが高校野球の目的に適っているかという見方もできる。日程に余裕を持たせるということは、ピッチャーのためという以外の理由はない。これは野球が勝敗をピ […] 続きを読む

県相の奇跡 佐々木登板回避 論点はそこじゃない 解決方法は簡単 今週のダイジェスト

2019-7-28 県立相模原 連日の奇跡はならず 県相は昨夏の試合を再現し、今年こそ。東海大相模は昨夏を教訓に、本気で対する。とは言え、東海大相模としては横浜が消えてくれたことはすごく楽になった。横浜がいなくなった時点 […] 続きを読む

ホームランのための技術 フェンスの距離に決まりはない エースに休養を 上野学園・赤坂 県相・天池 ダイジェスト

2019-7-22 ホームランはフェンスがあるからそのための技術があればいい 野球ではホームランというルールがある。ホームベースから90~120メートルくらいに弧を描いてフェンスが設けられ、そこを越えれば、最低でも1点、 […] 続きを読む
1 / 2712345...1020...最後 »

傑作コラム

TOP