毎日野球コラム - 野球コラムサイト -

「 球界鵜の目鷹の目 断固たる決意  」記事一覧

無料メルマガ

ピッチャーは攻めている 素人がプロに勝てるスポーツ、野球 俺には野球しかないから ワールドクラスのプレー 今週のダイジェスト

2022-11-28 ピッチャーは0点に抑えているのではなく攻めている 野球におけるボールポゼッションⅡ 野球だけ特別というのはこのボールを保持している、つまり支配しているのは守りの時だということだ。ボールを支配すること […] 続きを読む
無料メルマガ

代わりはいくらでもいるから 戦力外通告 プロならば難しいプレーも完成させたい そして大ケガ 野球のおけるボールポゼッション 野球選手の寿命は延びているか 今週のダイジェスト

2022-11-21 代わりはいくらでもいるから 戦力外通告と入団拒否 ドラフト前から拒否するのはそもそもプロ入りを希望しない、というもの。その理由としてはプロで通用する実力がないと思っているから、まだプロ入りするのは早 […] 続きを読む
無料メルマガ

超豪華な顔ぶれに潜む危うさ WBC 日本代表ユニフォームの広告 バットは折られたのか折ってしまったのか 今のはアウトだろう、そりゃないよ 今週のダイジェスト

2022-11-14 超豪華な顔ぶれに潜む危うさ WBC日本代表 打撃は2軍選手が4安打する可能性がある。バットを持っていればヒットになる可能性があるのだ。スイングスピードが超速い選手でも三振することはあり、2軍選手の止 […] 続きを読む

ドラフトで引き当てた選手も将来は敵 海外ポスティングの理由 バクチに出たヤクルト 野球選手の寿命 今週のダイジェスト

2022-11-7 せっかくとった選手も他のチームで監督すれば手強い敵 ガッツポーズのもう一つの理由は選手とチームのその後を一瞬の抽選で担うプレッシャーからの解放だ。ドラフト指名される選手には事前から指名することが伝えら […] 続きを読む

ピッチャーがキレを求める理由 うまく、さりげなく ダブルスチールの掟 今週のダイジェスト

2022-11-1 ピッチャーがキレを求める理由 キレが必要とされる理由 プロのピッチャーが球の質を高めようとトレーニングするのはいわゆるキレを求めるからだ。そしてキレがいるのはストライクからボールに変化する球をストライ […] 続きを読む

高校野球秋の新チームさあ俺達の時代 それはアマチュアの話 打てないフォークはない 吉田のサヨナラホームランの伏線 今週のダイジェスト

2022-10-24 高校野球 たんこぶが抜けた秋の新チーム さあ俺達の時代 高校野球は3年間の高校野球生活という表現をよく使うが、夏までは甲子園の決勝まで進んだとしても2年半もない。甲子園に出場しないほとんどのチームが […] 続きを読む

フォームは生きもの 打ち方より慣れ 秋の高校野球 大学ドラフト1位はエリート 高卒育成ドラフトは雑草 今週のダイジェスト

2022-10-17 フォームは生きもの 変化は進化 フォーム変更には勇気という言葉が伴うものだが、上手く行っている時に変える場合は勇気がいると想像できる。ただうまく行っているのだから、変えるということは少ないはずだ。そ […] 続きを読む

フライを捕る際の基本ルール 掛け声の発し方 栄光を捨て、プレースタイルを変える 今週のダイジェスト

2022-10-10 フライを捕る際の基本ルール 掛け声の発し方 キャッチャーがピッチャーの投球を捕ろうとしている状態から打球が上に上がった打球を判断するより、最初から打球が飛んでくると想定しているファースト、サードの方 […] 続きを読む

ベンチ前の円陣の意味 ウソ、見栄、勘違い プロのプライド 高度な技術がいつしか卑怯者 左ピッチャーを苦にしない左打者は存在しない 今週のダイジェスト

2022-10-3 ベンチ前の円陣は勝利に近づくのか 円陣の形態をとるのは、小さく囲んで大勢に一気に伝達が可能だからだろう。ベンチ前で円陣を組まずとも、ベンチの中でもまとまるし、いっぺんに伝達できる。すると、相手には気づ […] 続きを読む

野球に必要は練習より体力 ユニフォームの細いズボン 格上に勝つために体力、分析、経験 WBC戦士たちの引退 今週のダイジェスト

2022-9-26 打つためには練習より体力 落合の場合、ギュッとつまったガッチリの身体だ。特にあのふくらはぎの太さには目を引かれ、ケツから下の太さがホームランを生む。それがなければその技術を駆使しても外野フライで終わっ […] 続きを読む
1 / 4212345...102030...最後 »

傑作コラム

TOP