毎日野球コラム - 野球コラムサイト -

「 球界鵜の目鷹の目 断固たる決意  」記事一覧

野球は脚のスポーツ 相手の弱点をつく 脚を必要としないキャッチャー 今週のダイジェスト

2021-9-13 野球は脚のスポーツだった 野球はベースボールという。ベースとボール、バットは登場しない。主役はまず、ボールだ。ボールを投げ、それをどう対処しようか、ということでバットが考案された。そしてベースとボール […] 続きを読む

プレーを止めない リクエストとVARⅡ 自分たちの野球が出来なかったとは 日程緩和すればすべてが解決する高校野球 今週のダイジェスト

2021-9-6 プレーを止めない ボールデッドするまでは リクエストとVARⅡ サッカーワールドカップ予選、オマーン戦でオフサイドの判定を即座に笛を吹くことなく、流すというシーンがあった。プレーを止めずに流しておいて、 […] 続きを読む

野球ビジネスの高校野球 塁を駆け抜けた智辯和歌山 スライディングは減速する リクエストとVAR 今週のダイジェスト

2021-8-30 野球ビジネスの高校野球 教育の一環として健全な肉体を育むためにある部活動の高校野球がその通り肉体を育むとしても、それが精神に影響し、学問推進に必ずしも役立つとは限らない。むしろ、その効果が見て取れるの […] 続きを読む

レギュラーという概念 危険極まりない野球 高校野球監督のコメント 職業監督 今週のダイジェスト

2021-8-23 これからは変わっていくレギュラーという概念 打撃を優先して使われる選手、筒香や外国人には守備でのスーパープレーができない反面、こういう打撃だけの選手が4タコの試合で、ルーキーが4安打ということがあり得 […] 続きを読む

3人の完封ピッチャー 降雨コールドの無念 先頭打者を抑えなさい 27個のアウト 今週のダイジェスト

2021-8-16 3人の完封ピッチャー誕生 追い込んでからの右打者への外のチェンジアップは手が出てしまう。左打者は背中から来るようなスライダーを浅いカウントからは打ちに来ない。そこでカウントを取り、次にインコース真っ直 […] 続きを読む

喜びを爆発させるオリンピック ガッツポーズを禁ずる理由 史上初の1年生サヨナラホームラン 勝利とは投手起用 今週のダイジェスト

2021-8-9 喜びを爆発させる選手たち 積み重ねた苦労が実る瞬間 オリンピック オリンピックはスポーツの祭典という言い方をする。日本には元来スポーツというものがない。日本発祥のスポーツと勘違いされる剣道、柔道、相撲な […] 続きを読む

アスリートの本音 出し惜しみしたら終わるオリンピック 動かすパワーピッチャーがいなかったオリンピック 5連勝で金メダル 今週のダイジェスト

2021-8-2 出し惜しみしていたら終わっているオリンピックの戦い 毎試合、全員が登板しても1人1イニング未満なのだ。だから、どんどん突っ込んで行けばいい。普段中継ぎをやっていないから、などは関係ない。向き不向き、慣れ […] 続きを読む

一流選手の野球観 常道のトリックプレー 日本オリンピックの戦い方 今週のダイジェスト

2021-7-26 大観する超一流選手 自分ではまだやりたい。野球が好きだし、来てくれというところがあるから行くし、やる。そういうものじゃないということなのだ。40歳を迎えた年齢でもう一度世界のトップで同じかそれ以上の仕 […] 続きを読む

勝負の世界 客寄せパンダ 松坂引退 高校野球、夏を奪われる絶望 高校野球は高校生のもの 今週のダイジェスト

2021-7-19 勝負の世界にいる理由 松坂引退 クビは英雄の体裁として良くないから本人に任せていた球団は、その人気にぶら下がっているだけだったもののそろそろ自分で言い出した方がいいよ、そうでなきゃ、これまでの実績を傷 […] 続きを読む

メディアが言い出した平成の怪物 プロの状況判断 サイン盗みの矛盾 国際戦は1人1殺 今週のダイジェスト

2021-7-12 メディアが言い出した平成の怪物 二刀流 世界のホームラン王 松坂が引退したことで各メディアが「平成の怪物と言われた」とか「平成の怪物が」と決まって言い出す。メディアが作った言い方で、そっちの世界で勝手 […] 続きを読む
1 / 3612345...102030...最後 »

傑作コラム

TOP