毎日野球コラム - 野球コラムサイト -

永遠なれイチロー フォーエバーイチロー 最大の敬意を込めて

イチローが海を渡る際、日本人初の野手として通用するのか。という文言が流布

した。

ピッチャーは通用しやすい。

野球はピッチャー主導でできており、ピッチャーがボールに意思を込めて

プレーは始まるから。

素人のピッチャーの球をプロの打者がヒットにできない可能性は大いにある。

一方、プロのピッチャーの球を素人の打者が打ち返すことは、ほぼ不可能だ。

 

打者はピッチャーの意思がこもった球に対応し、バットにという道具に委ねる立場であり、

対応するにはパワーがとても有効だ。

体格に劣る日本人の野手が世界中から強者が集まるMLBでは厳しいと見られる。

しかし、イチローの考え得る限り、最高の技術をもってすれば、必ず通用すると、

この場では断言した。

 

そして、そんな外野の与太などおかまいなしに、はるかに想像を超越した活躍で黙らせた。

やっぱりイチローはイチローだった。

夢を与え続ける奇跡の男だった。

 

通用した、を通り越して、一気に世界一の打者になってしまった。

イチローなら、いつか世界の舞台でも首位打者になってくれるのではと、

胸を躍らせていたら、なんとそれを1年目で現実にしてくれた。

日本人野手がMLBで活躍することすらあきらめていたのに、それを1年目で首位打者・・・。

イチローが現れなければ、考えもしない、信じられない出来事がいきなりやってきたのだ。

 

普通、格差を縮めようと思えば、少しずつ距離を縮めていき、

いずれ、できるのではと期待していくものだが、初の野手がいきなり世界一になった。

しかも、日本人野手の中でも小さい体で世界一。

 

あのサイズでイチローのように活躍する選手がいないこと、

イチロー出現から30年が経とうとするのに、比肩する選手がいないことが、

イチローの技術は世界一ということを証明している。

まさに、彗星の如く現れたスーパースターなのだ。

 

明日もイチローの話題を。

野球情報メールマガジン

https://twitter.com/yakyucolumn

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

傑作コラム

TOP