毎日野球コラム - 野球コラムサイト -

2度目の春夏連覇は真のチャンピオンらしい戦い おめでとう大阪桐蔭

初回、立ち上がりが最も大事になる決勝戦。

初回に大阪桐蔭が先制すれば、ワンサイドもあり得るところで、

吉田は、いきなり1,2番を出して、1,3塁としてしまった。特に先頭を歩かせたのは痛い。

ここから速い球を軸に、勝負所と中川、藤原を三振に切って取り、根尾を歩かせたあとの

ワイルドピッチで失点。さらに石川のタイムリーで初回3点。

 

吉田はこの大舞台を楽しんでいるようだ。キャッチャーのサインを見ながら、

大阪桐蔭の応援のバンドの音に口ずさんでいた。

だが、ワイルドピッチとタイムリーで一気に不機嫌に。

王者相手に先に点をやってしまっては勝ち目は薄い。大阪桐蔭相手に逆転するのはきつい。

 

2回、金足農の反撃。1死1,3塁からダブルスチールを仕掛けてきた。

1塁ランナーが途中で止まり、挟まれている間に3塁ランナーがホームへ突っ込むというサインプレー。

ところが、ここは王者。充分、この作戦が頭に入っている。

落ち着いて3塁ランナーを殺した。

全く慌てることなく、はい。はい。ご苦労さんと言わんばかりの冷静さだ。

大阪桐蔭相手にこの作戦は通用しなかった。

もしくは、3塁ランナーの動きからすると、スクイズを見逃したか。

 

3-1で王者リードの4回裏、イージーゴロをセカンドがエラーし、送る構えの打者を歩かせ、球数が増す。

1,2塁からスリーバントを失敗したものの、3ランが出る。

初回にしても、この4回にしてもフォアボールとエラーがからんでいる。

大阪桐蔭ほどの力のあるチームは、もらったチャンスはものにしていく。

先頭を切っていかないと、こういう展開になる。勝負あった。

 

根尾のホームランは上からたたき、スピンをかけたライナーでのものだった。

浦和学院戦のホームランもそうだが、体重移動と上からたたく押し込み、体の使い方、そして

身体能力で飛ばす打ち方だ。

 

9回は根尾が投げるかとも思ったが、2年春、3年春、夏と3度の胴上げ投手は回避して

柿木完投で締めくくった。

 

昨年の悔しさ、キャプテンのプレッシャー、中川の号泣は感動させられる。おめでとう。

野球情報メールマガジン

https://twitter.com/yakyucolumn

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

傑作コラム

TOP