毎日野球コラム - 野球コラムサイト -

粘ってからの決勝打 山田はあの時のイチローのようだ日本優勝

山口が追い込んでおきながらホームランされ、

そしてボール先行してしまいど真ん中をホームランされ、2発により試合を壊したものの、

その裏に1点を返せたことが大きかった。

すぐに1点でも返せたことは、チームを元気にし、勇気を持たせる。

 

高橋がつかまったら、もうそれは仕方がないことなので、早いスイッチが必要だった。

2回から投入すらすでに遅いというものだったが、1回裏に1点を返せたことで

何とかゲームをつくり直せる状況になった。

 

そして、この試合で最も良い方に働いたことは、田口が2イニングを抑えたことだ。

終盤の継投はもう決まっているので、2イニングを田口で凌げたことが大きかった。

そしてこの田口の時、フルカウントからのエンドランを狭殺ゲッツーにできたことは大きかった。

その前の逆転したあとの3回のファーストランナータッチアップのプレーとともに

日本にとってはラッキーなプレーが展開を助けた。

ただ、どちらも紙一重のプレーなので韓国のミスとは言い切れない。

 

そして、あっという間に逆転をしたのは山田だった。

スターはこういうシーンがよく似合う。追い込まれてファールで粘ったうえでの

逆転3ランなどかっこよすぎる。WBCのイチローの決勝打のようだ。

結果が出ていなかったなどと言われるが、山田ほどの選手になれば一見打率が低かろうが

頼るべき選手なので、いつかやってくれるだろうという期待が続く。

WBCの時のイチローのようなものだ。結果がどうであろうと、使わないわけにはいかないし、

いつかきっとやってくれると信じていい選手。

そして、山田は結果が出ていないのではなかった。試合数が少ない中で打率が低くとも

それは調子が悪いとか、結果が出ていないというわけではない。

短期決戦はいつ、爆発するかわからない。しかも山田は大事なところでフォアボール

を選ぶなど、しっかりと懐の深さを見せてくれていた。結果を出しているのだ。

田口が2イニングを抑え、7,8,9回は決まっているから、これでベンチの

やることは少なくなり、かなり楽になった。

そして、左バッターからはじまる6回は当然、中川となる。

 

5点目は丸の大チョンボを浅村が救った。

先頭の坂本が2塁打で出塁した後の丸は絶対に引っ張って転がすか、自分で

バントするということが仕事なのに、タッチアップもできないフライを上げるなど

これを最低のバッティングという。

この丸のバッティングはエラーをするのと同等以上の大チョンボ。

野球情報メールマガジン

https://twitter.com/yakyucolumn

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

傑作コラム

TOP