毎日野球コラム - 野球コラムサイト -

うまくいかないことこそ野球の本質

無料メルマガ

高校生活の間だけという期間が定められ、一発勝負で数度の大会しか用意されていない高校スポーツでは

今までの成果を思い切って出す場ではなく、自分の未熟さを露呈する場、

失敗を発表する場となってしまうものだ。

 

失敗発表会と言える。

 

たとえば、バッティング。

3割をひとつの目安とされ、好打者の線引きがされており、7割失敗しても優秀とされている。

失敗が前提とされているわけだ。

 

にもかかわらず、毎回、その打席で結果を出そうとし、また、結果が出るものと信じて、

ヒットを打とうとする。

非効率、不合理だ。

 

うまくいった打ち方も、こういう打ち方をすれば、うまくいく打ち方というわけではない。

たまたま、100回に1回うまくいく打ち方が現出しただけ。

それも、その打ち方で打てる球が来てくれたからうまく行っただけ。

さらに、その打ち方をもう一度やるのは、大変難しく、二度はできないかもしれない。

 

あるいは、本来は失敗の打ち方かもしれないのに、うまくいってしまったがために、

この打ち方はうまくいく打ち方と勘違いして、その一回の成功に陶酔してしまい、

ずっとその幻影を追い続けてしまいかねない。

 

その打席は
「成功の打ち方をした」のではなく、その打席に限り

「失敗しないことがあった打ち方」と解釈できる。

 

やっている者としては、そこにおもしろさを見出し、やりがいを感ずるものの

数少ない成功体験の中から不当に奇跡の一瞬に陶酔しているに過ぎない。

 

このように保守的に捉えた方が、失敗確率を下げて行けるのでは、とさえ思えるほど

バッティングはうまく行かない。

 

しかし、たいがいが、またあの一瞬はやってくる、と思い込むものだ。

失敗したのは不運だっただけで、ジャストミートの爽快こそが実力と皆、思うからだ。

好打者でも7割失敗しているのに。

 

成功が永久に続くことはないが、失敗は永久に続く可能性がある。

毎度の試合から、成功を求めるのではなく、失敗を学び、反省の繰り返しが常道だ。

成功体験ばかり覚えておき、固執すると本質を見失う可能性があろう。

 

さあ、失敗を発表して勉強させてもらおうじゃないか。

 

そして逆の見方をすれば、自分だけでなく相手も自分と同じような心理で

成功を追っていると予想できる。

それならば、失敗を誘う戦略を練ればいい。

 

自分の成果を発揮しようとせず、相手の失敗をどう導き出すか。

対戦型スポーツはこの思考を戦略とするものだ。

野球情報メールマガジン

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

傑作コラム

TOP