毎日野球コラム - 野球コラムサイト -

ストライクゾーンが名投手をつくる作為 再録

野球はピッチャー有利にはできている。

打者は3割打てば強打者となるのだから。

 

最近は3割打者が極端に少なくなったようだ。

高校野球で言えば、バットの性能がどんどん良くなっている。

そして選手は大型化へ向かっている。

 

球場の大きさは容易に大きくはならないので、むしろ狭くする傾向がある現在、

体を大きくして飛距離を出すことが得策なのだから当然そうする。

そしてピッチャーが投げ込みによる技術の向上に限界がある一方、打者は打ち込みに限度がない。

 

打つことが喜ばれ、打撃戦の野球がおもしろいとの思いこみがあり、

打者が有利になることには割と改正と考える傾向がある。

球場を狭くしているのは最も顕著な現象だ。

 

どこかでピッチャーを助けようと思えば、ひとつ簡単な方法がストライクゾーン変更がある。

ここに手を加えれば、簡単にピッチャーの成績が良くなり、打者は悪くなる。

 

高校野球とプロ野球ではストライクゾーンが大きく違う。

ボール2つ以上違うと言っていい。

 

高校生の技術の甘さが大きな理由の一つだ。

高校野球は、やりたいと思えば誰でも学校で野球ができる。

 

そんな環境なのでピッチャーの実力は低いことがほとんど。

プロへ行けるようなピッチャーは本当に一握り。

 

この状態で、正規のストライクゾーンを採用していると試合進行がままならない。

つまり、ボールばかりとなり、締まらない試合ばかりとなるのだ。

 

そこで、高校野球が採用しているのが待球などしていないで、どんどん打ちなさいね。

みんなストライクにしちゃうからね。という方法だ。

 

プロが高校野球のストライクゾーンだったら今の一流選手くらいの勝ち星や防御率、

奪三振数を記録し得るピッチャーはわんさか増える。倍以上になる。

 

その中で、試合に使われるピッチャーを選ぶということになる。

今の一流は超一流となり、超一流は手に負えないピッチャーになる。

 

高校野球のストライクゾーンでプロの球を投げられたら、ヒットにすることはまず無理だ。

ピッチャーは配球にそれほど気を使う必要はなくなり、同じところに勢いのある球を投げていれば、

事足りるということになる。

 

今のストライクゾーンより外にふたつ遠くともストライクと言ってもらえるのなら

そこだけ投げていてもいいわけだから。

 

同じ球がそこへ来るとわかっていても、そんな遠いコースのプロのキレのある球は

打ち返すことは至難となる。

 

だから、プロはストライクゾーンを狭くして、打者にチャンスを与えている。

狭すぎるというくらい、厳しい枠だ。

 

ピッチャーには、プロの技術でそこへ入れなさいとしている。

こうしてエンターテインメントを保とうとしている。

野球情報メールマガジン

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

傑作コラム

TOP