毎日野球コラム - 野球コラムサイト -

電車の座席は誰のもの 今週のトピックス

無料メルマガ

電車の座席は最初に座った人のものなのか。

 

たとえば電車がしばらく停車していて、立ちっぱなしで気分が悪くなった人が

いたりしたら、だれもが席を譲る。きっと。

 

非常事態には皆で協力し、譲り合い、支え合って乗り越えようという意識が働くものだ。

それならば平時でもその精神を大いに発揮すれば、電車の座席も平等に乗り合う方が

自然だ。

年寄、妊婦、病人には席を譲るよう促しているし、そうしない奴には傍で見ている

関係のない人間でさえ、不快に思い、中には注意する場合もある。

 

ところがそれらに合致しないとなったとたん先に座った人が、目的地の駅が長かったら

ずっと座っていられることになる。

その間、割と長い距離立ちっぱなしの人もいる。

 

こんなことにさいなまれ一時期は、自分の座っていい時間を勝手に決めて

乗車していたことがあった。

自分の道程の半分くらいは俺にも座る権利があるかなとか、

今日は距離が長いから1/3くらいにしておこうとか。

 

半分くらいはOKと自分で決めると、その半分の駅に着くと、

誰に席を譲るわけでもなくただ立ちだすのだ。

その後、誰が座るかは関知せず。

 

電車のような公共の場所で常識となってはいるがおかしなことがよくある。

野球情報メールマガジン

https://twitter.com/yakyucolumn

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

傑作コラム

TOP