毎日野球コラム - 野球コラムサイト -

ドライバーへ怒っているだけでは済まない。これは社会の犯罪 今週のトピックス

もう、ドライバーへ怒っているだけでは済まない。

これは社会の犯罪と捉えた方がいい。

社会が車は便利、公平に誰でも利用していい、車社会は当たり前、

車は権利という認識を払拭。

便利でも凶器。公平にしていたら暴走する。

原始、車などなかった。車の権利は低く、遠慮すべき対象。

 

交通法を全員が守れば、事故は起きない。

事故は全てドライバーの精神の甘さ、幼稚な想像力から起きている。

そして、庶民はその甘さから脱却できない。

 

第一メディアであるテレビが伝えることは、

ドライバーの過失、事故原因、被害者の悲痛ばかりで

根本をどうするか、抜本に言及することはない。

過度な発言が、人権侵害や偏見へとつながりかねないので言わないのだ。

もしくは不定見、不見識からか。

 

この場では何度も記している。

方法は、2019-4-21 日本経済の減速は不届きな国の侵略を許す

 

法定速度を守っているドライバーは皆無であり、

横断歩道で減速、停止するドライバーも皆無、

路駐は、ドライバーの権利と思い込んでいる。

無違反の奴は誰一人としていない。ただの無検挙がいるだけ。

無検挙の中にも極悪のドライバーは数多くいる。

 

救急車や消防車が後方から迫ってきても、まあドライバーは譲らない。

近くに来なければ、道を譲ろうとしない。

これが自分の事と思ったら、

愛する人が今わの際だと思えば、どう考えても譲ると思うのだが。

 

事故が起きてからは深い反省と後悔で一杯になる。

起きてからでは遅すぎるのはわかっているのに、起きてからでないと自戒しない。

つまりはドライバーのほとんどに想像力が欠如しており、

凶器を動かしているという意識が薄すぎる。

だから、カーナビやカーオーディオも本来危険だからなくしたっていい。

ドライバーにはもっと緊張感を持たせた方がいい。

だから、規制するしかないのだ。

 

画面に映る被害者に近しい人々の絶望を画面で見ると、心が痛い。

大きな痛みを伴って亡くなった幼児もその肉親もかわいそうでならない。

加害者も被害者も、当事者全員の意図に反するこの現実には、

回避する策を思い切って打つしかない。

日本中の全員が悲しい出来事なのに、失くそうとする手段には反対の声が上がり、

それが怖くて、言い出す人もいない。

社会の成熟度の低さか。

野球情報メールマガジン

https://twitter.com/yakyucolumn

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

傑作コラム

TOP