毎日野球コラム - 野球コラムサイト -

有名タレントの神妙な謝罪、修羅場は美味しくてしょうがない 今週のトピックス

無料メルマガ

それにしても神妙な面持ちで恐縮しまくっていた。

不倫は引きも切らさず、すぐに新しいネタが提供される男女の機微だ。

本来は当事者だけの問題だけど、共に有名タレントならば格好の世間の好餌だから、ほっとけない。

話題を提供したい側は、誰かをマークしていれば必ず、どこかで馬脚をあらわすから楽な商売だろう。

表に出なかったネタもあれば、これから公になるネタも多数あることだろう。

今、不倫、つまり倫理でないとされる行為が倫理の範囲となった時代ならば、

この不倫行為を糾弾して、けしからんと言っている人たちも何も言わなくなるだろう。

そんな世の中で自分が大モテ、好きにしてよいとなれば、今、道徳や倫理を唱える人も

勝手気ままにやるに違いない。

 

逆に、戦争が認められていたちょっと昔、人を殺すことが正義だった世の中でも

敵国の人を殺すことに躊躇する人は多かったし、やりたくなかった人ばかりだった。

つまり、許されているならば、多くの人がやるのが女遊びであり、

やらなきゃいけなくても、やりたくないことが殺人という行為。

だから今となってはどちらも悪でありながら、不倫は、その時の風潮。

殺人はいつの世も罪ということだ。

だから不倫は些末の事。末梢的なことだ。ええじゃないか。

 

些末な事なのに放っておけないのは、テレビの向こう側の人達も自分たちと同じような

感覚で情欲の虜になっている様とその修羅場が起こることを確認できて楽しいからだ。

だって不倫は当事者とその周辺家族以外の者にとってまったく関係なく、

どうでもよいことだもの。

 

ゲス不倫を生み出したタレントが

「誰に何を謝る必要があるのかわからない?」とか言ったとされていたが、まさにその通りだ。

謝る必要があるのは、相手の妻もしくは夫とその子供だけで、他の者には関係ない。

 

芸能人の場合はファンというものの失望を買うため、

それによるイメージダウン、人気減少、スポンサー撤退、仕事の減少といったことにつながり、

芸能生命を奪われかねないので、それを阻止せんがために謝るだけだ。

世間に向かって申し訳ないと頭を下げたとしても、それは体裁だけですまないなどと思っていない。

これに懲りず応援、注目してもらうために頭を下げているわけで、謝ってはいない。

ファンとスポンサーからの失望としても、人間、外からどんな風に見えても、こういうことは

起きうるのだから過度の期待をかけ過ぎただけのことであり、契約時点でそう言うことはしないでね、

という文言がない限り、謝る必要のあることではない。

ひとたび不貞を働くと、関係ない人間が恐ろしくいきり立って講釈をたれだす。

当事者家族以外にとって、まったく関係ない話なのに。

 

タレントの場合、イメージがあるので困るのはスポンサーとプロダクションとファンということになる。

それらもどうということはない。

これらの人達もそのタレントのそういう部分を見抜けなかったのだから、怒っても仕方がない。

プライベートの事を勝手に暴露されてイメージを損なわれたからと言って謝る必要はまったくない。

それによって多大な損失が出ようとも市場原理による投資失敗に過ぎない。

品行方正、清廉潔白のイメージの人が酒を飲んだら道端に唾をするということと大差ない。

ましてやそれらに全く関係しない人たちが講釈するのは、どうしようもないほど無定見となる。

 

不倫は倫理を踏み外すという意味だから、その名の通り悪いことであることは間違いないのだが、

ただの世の中の常識から悪いというにすぎない。流行だ。

一夫多妻のところもあるし、世の中の風潮が恋愛自由なら不倫にならない、問題にならない。

今、不倫とされている行為は、ただの時代で、その時代の流行にすぎないということ。

将来の流行や常識が変われば、何の問題にもならない行為となるかもしれない。

倫理の範囲に入るかもしれない。

 

芸能人の立場は、人気を源泉としており、その人気にスポンサーがつく。

スポンサーはイメージが命であり、イメージを棄損したタレントにはそっぽを向く。

スポンサーが逃げれば、タレント活動の場は減り、すると番組降板、CM中止へとつながる。

すると、仕事がなくなるから、保身のために少しでも良い印象に転じようと謝っている。

 

当事者周辺家族以外に関係なく、謝る必要もないこの行為が、こんなに取り上げられるのは

多くの人に同じ願望があったり、共感するところがあったり、あんな人も不倫するのかと

自分に置き換えるのだろう。

自分たちにもその可能性がある中、有名人が没落に足を踏み入れているのをおもしろおかしく

見ているのだ。

あぶねー、俺じゃなくてよかった。有名な奴は大変だな。ざまあみろ。

野球情報メールマガジン

https://twitter.com/yakyucolumn

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

傑作コラム

TOP