毎日野球コラム - 野球コラムサイト -

平和や安穏の時は逆らってきたけど 今週のトピックス

全員が助かるということを前提にしないことだ。

各人が大事な人だけは守ろうと専心することがまずはひとつ。

各人でも対処法は変わるから、一様に自粛を訴えればいいというものではない。

抗体をつくるにも体質、タイミング、これまでの生き方によって違う。

ある数の死者は出る。災害にはそう対処してきた。

そうすることで、生き残った生命が強く、賢く、次世代を作るという考えに転換してもいい。

 

ところで、普段はふざけたことばかり言ったり、やったりしている芸人と呼ばれるタレントが

こういう時だけ急に常識側に回って吠えているのは鬱陶しい。

そんな奴はまったく信じられない。

こういう時でも芸人としての常識を貫き、ふざけるか、笑いを提供してくれれば、あるいは

世の中とは違う見方を発信したら好感が持てる。

 

一時代前はロックや不良という大勢に与しない生き方がかっこいいとされていたのに。

今、それが発展してアイドルでもそんなこと歌っているけど、

それは平和や安穏があって、はじめてそれに対するアンチテーゼとして存在するだけだったのか。

たしかに戦時中には生きることに必死だから、不良などやっていられなかった。戦後すぐも同様だ。

実世界で危機にいざ、直面すると空想の世界で踊っていただけのことだったということか。

野球情報メールマガジン

https://twitter.com/yakyucolumn

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

傑作コラム

TOP