毎日野球コラム - 野球コラムサイト -

どうしても言いたいから鬱憤たまって言っちゃった

オリンピックの組織委員会長の発言でオリンピックそのものが悪いものという心証へと傾斜している感がある。

元々、このご時世、開催には反対が8割という数字が知らされている。

そりゃそうだろう。今、やった方がいいと言う人はオリンピックに造詣が深い人しかおらず、

世の中のほとんどがオリンピックはお祭り程度にしか思っていないのだから、やらないと言っていた方が

責任がないし、安全策をとる。

その中であの発言をする者が推進しているとなれば、悪とされよう。

 

そのオリンピックの是非とは関係ないはずが、会長が「女性の・・・」と言ったところでこの流れに拍車がかかる。

しかし、こういう言い方をしたら反発を招くのはわかりそうなものなのに、言ってしまうのはどういうことなのだろう。

後に、謝る、撤回するということは、その時は気づかなかったということになるのだろう。

とすれば、公人としてはあまりにも感覚が狂っている。

 

「女性」に限定したことで、一気に世の中を騒がせる。

この2文字を別のものに置き換えただけで、何も起きなかったものをわざわざ言うのは

これまでも腹に据えかねていたからだろうか。

どうしても言いたくて、鬱憤が溜まっていたから言っちゃったのか。

 

でも、言ってもらった方がいい。

鬱憤を溜めたまま、それが政策決定に影響してしまってからでは遅いから。

腹の中はそうは思っていなくて、口だけは裏腹のことを言っていて、政策には本音を通して

間違える。

決まってから露呈しても遅いもの。

野球情報メールマガジン

https://twitter.com/yakyucolumn

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

傑作コラム

TOP