毎日野球コラム - 野球コラムサイト -

外野からの返球はカットマンの頭の上 外野手の重要性Ⅳ

Generated by IJG JPEG Library

昨日に続き、ライトの強肩が原則を無視していい場面について。

原則とは、外野からの返球はカットマンの頭の上で手の届くところに強い球というものだ。

それは、カットマンの頭の上に投げれば、カットもできるし、勢いとコースが良いと判断すれば

カットせず、ダイレクト返球にも切り替えられるからだ。

 

1つ目は3塁にランナーを置いている場面で

定位置より後ろに飛球が放たれ、他にランナーを背負っていない状況ということだった。

 

もう1つはサヨナラの場面だ。

この時は他のランナーなど関係ない。

1点獲られてしまえば、そこで試合終了なので3塁ランナー以外の進塁を気にするより、とにかく

ホームを踏ませないことが絶対条件になる。

 

そこではランナーを気にせずにバックホームしていいのだが、こんな緊迫した場面でも

定位置より前は基本、カットマンの頭の上に投げる。

こうすることを練習してきて、これがランナーを刺すに最も最適だからだ。

しかし、定位置より後ろの打球には3塁ランナー以外は一切気にせず、ダイレクト返球していい。

 

ただ、これだけ切羽詰まった場面では定位置前でもそのライトの強肩に賭けて、

ダイレクト返球も許している。

ここは、お前に任せる場面ということだ。

 

原則を守って敗けたのなら仕方がない。

日頃やってきたことを発揮する。それで及ばなかったのなら納得がいく。

無茶をして負けたらいままで練習してきた多くの時間は何だったんだということになる。

野球情報メールマガジン

https://twitter.com/yakyucolumn

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

傑作コラム

TOP