毎日野球コラム - 野球コラムサイト -

通用しないのではない。機会が少ないだけ

プロで通用する。海外で通用するという表現。

新庄が海外へ渡ると表明した時、通用しないと多くに言われた。

阪神での新庄は、看板選手だったので海外へ渡るということになれば、当然、

レギュラーとして活躍が期待される。

その前に、イチローが活躍していたからなおさらだ。

 

しかし、イチローのスキルと新庄のスキルを比べた場合、守備は同等以上のもの

があるが、バッティングは比べようもない。

そこで、通用しないという評価になり、守備固めで終わるかもという声があった。

 

しかし、守備固めであっても試合に出場し、常時チームに帯同するほどなら

充分、通用していると、この場では真っ向否定した。

通用しないのではない、出場機会が満足できるものでない、あるいは出場機会が

少ないということなのだ。

 

ピッチャーは仕事場がいっぱいある。

ローテーションにはじまり、セットアップや抑え、ワンポイントに谷間、敗戦処理や

奇襲など。

ピッチャーはいわば試合の数以上に欲しいと言える。

 

一方、野手は基本、レギュラーが試合に出続ける。

控えは、レギュラーが故障したり調子を崩したりした時に代わる。

もしくは、レギュラーの当落線上にいる選手たちが、せいぜい

1つあるかくらいのポジションを争うということになる。

 

通用しないと思われている選手でも、それらレギュラーや試合に出ている選手に

負けているとは思わないことが多い。2軍でくすぶる選手でも思っていない選手

が数多くいる。

一流選手と呼ばれる選手にさえ、とてもかなわないなどと思っていないことがある。

勝てる部分はあるし、使ってくれりゃ俺ならもっとやってやるよ、

くらいにさえ思っている。

 

差はわずかだが、機会の差が歴然となってしまう。

通用していないわけではない。

野球情報メールマガジン

https://twitter.com/yakyucolumn

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

傑作コラム

TOP