毎日野球コラム - 野球コラムサイト -

判定は正確こそ是 最も重要なのは事実より納得

昨日につづき、判定は正確こそ是という話だ。

2019-7-4 判定は正確こそ是 どんどん機械化が進み、人間はいらなくなるだろう

 

サッカーにおけるこんな古い記事。

最後の結論を間違ってしまったが、すごく良い内容だった。

制度の欠陥が招くミスジャッジ、ゴール判定に機械を

「シュートがゴールラインを越えたかどうかのトラブルは、審判団のミスというより、制度上の欠陥から起きることの方が多いと思っている。」とこの記事。

野球も同様であり、生身の人間一人に一瞬の判断を託し、

その決断に責任をもたせる現行の審判制度は仕組みに問題あり。とこの場で

何度も記してきた。

 

「菊池のスーパーシュートがもたらしたケースがまさにそうで”人間には無理”なことまで審判に押しつけるから起きてしまう。」とこの記事。

そういうことだ。

 

「それを人為的なミスというのなら、問題を広くとらえて、試合を運営、管理する側の問題と考えた方がいいようにも思う。」とある。

よくわかっているじゃないか。

 

「制度上の欠陥を知りながら放置し続ける者たちの責任。」

そのとおりだ。まったくもってこの場に記してきたことを倣っているかのようだ。

と、ここまではすごく良いことを言っており、そのとおりなのだが、

結論を間違ってしまっている。

 

「機械導入がすぐにむりなら4人目、5人目の副審をおけば、今より良くなる。それでも誤審は紛れ込んでしまう。何もしないよりは全然良い。」

と結論づけてしまっているこの記事。

違う。

副審を4人も5人もおいての判定に誤審はない。

それを誤審と言うなら、言っている側の勝手な主観だ。

4人目、5人目のプロの目で判定を下したのなら、それでいいのだ。

それが、判定だ。

 

この記事はあくまで機械での判定を是として、

それができない間は4,5人のプロの目での判定の方がまだましと言ってしまっている。

機械が神ととらえる発想は間違いだ。

 

ただし、サッカーにおいても野球においても、その他の競技においても機械による

判定が促進されている。まあ、それが自然な流れだろう。

映像による確認は、事実が映し出されていることに疑いを挟む人はいないし、

冷静に落ち着いて振り返ることで敵も味方もファンも抗議している人も全ての人

が納得しているから。

 

判定について、最も重要なのは事実かどうかというより、むしろこの納得の方だ。

 

だから、機械によるものだけでなく、副審性によりプロがそれだけ集まり、

落ち着いて出した判定はそれで納得いく。

野球情報メールマガジン

https://twitter.com/yakyucolumn

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

傑作コラム

TOP