毎日野球コラム - 野球コラムサイト -

フライの声掛け 内野編 約束事を決める

www.facebook.com

https://twitter.com/yakyucolumn

以前、フライに対する掛け声の約束事という内容を記した。

その内容は、コチラ⇒2017-2-1 2017-2-2

 

次回は、内野フライとしていたのでその続きとして

今日から内野フライについてを数回に分けて展開しよう。

 

内野フライに限らず、フライが上がった場合は約束事が多くある。

その中で特に大きなウェイトを占めるのが『優先権』だ。

外野手の間に飛んだ打球などは、うまい奴に『優先権』をもたせるのが一般的だ。

『優先権』のあるうまい奴が「オーライ!」などの捕る意志表示を示した時は、

もう一方の外野手は捕れると思っても譲る。

 

または、その日の風向きによって、レフトからライトまたは、逆にライトからレフトに流れていれば

風下の外野手の方が捕りやすくなるので、

そちら側の選手が捕る意思表示を示せば『優先権』が発生する。

 

または、キャッチャーと内野手が共に追いかけるようなフライは、キャッチャーがバックネット側でなく

グラウンドの方を向きながら追いながら捕らなければいけない打球は

たとえ追いつけそうでもキャッチャーは追わなくてよく、内野手に任せてしまうとか。

 

または、外野手と内野手では前を向きながら追える外野手に『優先権』あり。

 

外野手が深く守ったとき、浅く守ったときや点差、ランナーがどこにいるか、

相手打者の長打力によっても、一打席ごと野手の間で確認し合ったりもする。

 

このようにチームでの野手のうまさによってそれぞれ決めたりする。

 

そして、今回取り上げる内野フライでは

マウンド付近では一塁手、その他のエリアは右側が二塁手、左側が遊撃手、

二塁手と遊撃手では遊撃手と細かく設定し、

プロでは常識だが、ピッチャーは捕らないという約束事をしているチームは多い。

明日へ。

www.facebook.com

https://twitter.com/yakyucolumn

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

傑作コラム

TOP