毎日野球コラム - 野球コラムサイト -

デッドボールには、 テイクワンベース程度のペナルティでいいのか

野球情報メールマガジン

https://twitter.com/yakyucolumn

 

デッドボールについての考察。

2018-5-9 当たりに行ったのならいざしらず、立ってただけなのに当てられて・・

2018-5-10 ピッチャーはストライクを投げろとは言われていない デッドボールの理不尽

2018-5-11 ルール違反ではないデッドボールにそんなに怒らないでよ

2018-5-16 デッドボールにそもそも謝る必要があるのか

2018-5-17 よけずに当たったもデッドボールか

そして、選手生命の危険、人命の危険さえあるデッドボールには、

テイクワンベース程度のペナルティでいいのか。という発想も生まれる。

 

ピッチャーの謝る姿勢やバッターの怒りと痛みを勘案するとテイクワンベース程度では

割に合わなかろう。

 

テイクワンベース程度のペナルティだから、ピッチャーはインハイへ見せ球を投げようと考え、

それが手元の狂いでデッドボールになったりする。

当ててもいいから思い切って突いてやろうという気持ちになる。

そして、テイクワンベース程度のペナルティだから、報復行為なども生まれる。

 

これが、デッドボール即退場、出場停止処分やデッドボールは10失点に相当などという

現行ルールの常識から考えると、はるかに重いペナルティとなれば、

ピッチャーはホームランに気をつけるより

まず、デッドボールだけは避けようと考えるだろう。

 

すると、インコースへはまず、投げられない。

バッターはインコースなど来ないと思い、思いっきり踏み込んでいく。

たとえ、インコースに来て、ぶつかってしまえば、それだけで試合をものにできるほどの効果がある。

 

1度のデッドボールで重すぎると思われるペナルティだとピッチャーが萎縮することになり、

現行、披露されている技術は、低迷することになる。

バッターの打率、ホームランは格段に上がり、打ち合いの試合へと様変わりするだろう。

 

こうなると野球をつまらなくさせるからと、

デッドボールを現状のままテイクワンベースとするならば、

やはりデッドボールはピッチャーの技術不足として悪と捉えた方がいいだろう。

 

たとえ、ルールでストライクを投げろとは言われていない、

ボール球を投げてはいけないとは言われていない、

バッターにぶつけた場合はペナルティを受けるじゃないかというピッチャーの言い分があろうと

ピッチャーが糾弾され反省を促される常識が通常と思われる。

何せ、ぶつかったら選手生命や人命にまでかかわる大ごとだからだ。

野球情報メールマガジン

https://twitter.com/yakyucolumn

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

傑作コラム

TOP