毎日野球コラム - 野球コラムサイト -

「 野球戦略 お前のためにチームがあるんじゃねえ 」記事一覧

野球は打つのではなく、打者がアウトにならずに次の打者に渡すスポーツ

作戦は打つだけじゃない。 ある試合で2桁得点差がついて、終盤に来た。そうなると作戦としては狭まる。 野球の常識としては打つしかないと考える。 だが、打つだけということではない。   正確には、打者がアウトになら […] 続きを読む

守備の打球は全く飛んでこない可能性があり、無限に飛んでくるかもしれない

野球は、まずピッチャーが主導権をもち、自分の持ち球を相手の力量を上回るように選ぶことが できる。 そして、その投球に対して読みを利かせたり、ヤマを張ったり、何でもいらっしゃいとしたり、 打ち方を選択していく。 その打球に […] 続きを読む

走らなかった場合も盗塁阻止とすれば阻止率は跳ね上がる

甲斐キャノンの盗塁阻止率は5割に満たない。 この数字はキャッチャーの能力として捉えられるが、盗塁阻止はバッテリーの共同作業であり、 ランナーを引きつけておく内野手との共同作業でもあるので、キャッチャー1人の責任ではない。 […] 続きを読む

右には右を、左には左をスイッチ作戦 確率に基づき、いやがる作戦を

左バッターと右バッターがそれぞれ、並んでしまう大阪桐蔭打線に 金光大阪は、左バッターが出てくる回には左ピッチャーを充て、右が並ぶ回には右という戦略を施した。 これが、ジグザグ打線なら、ここまでの作戦は図ることはできなかっ […] 続きを読む

傑作コラム

TOP